2015年09月08日

シロアゴガエル侵入 【西表初確認】

新聞報道もありご存知の方も多いと思いますが、8月末に西表島の上原地区でシロアゴガエルの声が確認されました。
9月2日には職員で現地調査を行い、オスの成体2個体を捕獲しました。

DSCF4523.JPG
捕獲調査の様子
DSCF4526.JPG
捕獲直後のシロアゴガエル

その後も、継続的に調査行っており、9月8日現在までにオス4個体を捕獲しています。
調査方法としては夜間に機材を用いての鳴き返し(コールバック)による成体の確認および捕獲、昼間は卵もしくは幼生(オタマジャクシ)の探索を行っています。

siroago.jpg
シロアゴガエル(上唇の白いラインが特徴です)


シロアゴガエルは特定外来生物に指定されています。
所持や移動が法律で禁止されていますので、鳴き声を聞いた、もしくは個体を目撃された方は保護センターへご連絡ください。
また、調査のために録音した声を流している時がありますので、鳴き声を聞いた場合は周辺で調査が行われているかも合わせてご確認ください。


(かんとう)
ラベル:外来生物
posted by IWCC at 11:31| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

綾羽

今年も巣立った幼鳥たちの姿を見ることのできる季節に入りました。

2015.08.31船浦 右.JPG

先日の台風も無事に乗り越えたようで、元気な姿を見せてくれています。

(かんとう)
ラベル:カンムリワシ
posted by IWCC at 11:36| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

チョウの鱗粉転写をしてみよう

8月11日に西表島エコツーリズム協会※が開催している「夏休みエコツーこどもウィーク」へ講師として参加してきました。
P1080180.JPG


チョウの鱗粉転写をしてみようと題して、島内の子ども11人に鱗粉転写標本の作製方法を伝授してきました。

P1080189.JPG


はじめに、そもそもチョウとは何ぞや?ということで、チョウ目についてお話をしました。

P1080200.JPG

そして、いよいよ鱗粉転写に挑戦。今回は参加者が全員小学生ということもあり、事前に胴体から翅を切り離しておいたものを渡しました。それがよくなかったのか「裏表がわからない〜」と言う子が続出。

P1080215.JPG

悪戦苦闘のなか3回ほどチャレンジしたところでタイムアップ。手先の器用さというよりも集中力が標本の仕上がりへ見事に反映されていました。
P1080230.JPG


最後にひとりひとり感想を述べてくれました。苦戦していた子もそれなりに楽しめたようです。

(かんとう)

※西表島エコツーリズム協会:http://iriomote-ea.com/




posted by IWCC at 13:51| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする