2016年08月24日

渡り鳥の訪れ 2016@

連日暑い日が続きますが、西表では秋の渡り鳥たちの姿を見かけるようになりました。

例えばセキレイ類は例年は9月から目撃されることが多い鳥です。


今年は今日までに職員の目撃だけで、すでに3件の目撃があります。


キセキレイ.jpg
キセキレイ



水田では多くのシギやチドリ類がエサを探している姿を見ることができます。


※水田などの農地での観察は農作業の支障にならないようにご注意下さい。


DSCN5075.JPG



島では秋以降にしか見ることのないアオサギも育った稲の間から顔を出していました。


アオサギ.jpg



また、お隣の石垣島ではブッポウソウが来たと、地元新聞に取り上げられていました。


なかなか出会う機会のない鳥なので、西表にも来て欲しい!!



それにしても、まだまだ暑いにもかかわらず鳥たちは秋の訪れを感じているようです。


あんな小さな体でいったいどうやってと不思議になります。


西表で確認されている今年の渡り鳥は下記の10種類です。


これからどんどん確認される種類が増えていくと思います。


当センターではイリオモテヤマネコ以外にも野鳥をはじめとする生き物を目撃情報を募集しています。


ぜひ皆さんが見つけた生き物の情報をお寄せ下さい。


 アオアシシギ
 アオサギ
 アカアシシギ
 キセキレイ
 セイタカシギ
 タカブシギ
 トウネン(不確か)
 チュウシャクシギ
 ムナグロ
 ヒバリシギ



(田口)



続きを読む
ラベル:野鳥 渡り鳥
posted by IWCC at 18:11| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

シロアゴガエル・その後

みなさま こんにちは

今年の8月末に西表島への侵入が確認されたシロアゴガエルですが、調査が進むにつれて繁殖地が発見されてしまい、現在駆除作業中です。

これまでの発見は、上原地区のみとなっていますが、ほかの地域からも発見される可能性もございます。個体を見たり鳴き声を聞いたりされた方は、保護センターまでご連絡いただければと思います。

シロアゴガエルの特徴や鳴き声は下記のURLからご覧いただけます。

※那覇自然環境事務所HP「オオヒキガエルとシロアゴガエルについて」

IMG_3739.JPG













また、保護センターでは捕獲したシロアゴガエルの生態展示を特別に行っています。

IMG_3761.JPG
















期間限定で、シロアゴガエルの泡巣(卵塊)も展示していますので、島内在住の方でシロアゴガエルの実物を確認されたい方は来館していただければと思います。生態展示ですので、個体の状態によって早期終了する場合もございます。ご了承ください。

(かんとう)
ラベル:両生類 外来生物
posted by IWCC at 14:22| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

シロアゴガエル侵入 【西表初確認】

新聞報道もありご存知の方も多いと思いますが、8月末に西表島の上原地区でシロアゴガエルの声が確認されました。
9月2日には職員で現地調査を行い、オスの成体2個体を捕獲しました。

DSCF4523.JPG
捕獲調査の様子
DSCF4526.JPG
捕獲直後のシロアゴガエル

その後も、継続的に調査行っており、9月8日現在までにオス4個体を捕獲しています。
調査方法としては夜間に機材を用いての鳴き返し(コールバック)による成体の確認および捕獲、昼間は卵もしくは幼生(オタマジャクシ)の探索を行っています。

siroago.jpg
シロアゴガエル(上唇の白いラインが特徴です)


シロアゴガエルは特定外来生物に指定されています。
所持や移動が法律で禁止されていますので、鳴き声を聞いた、もしくは個体を目撃された方は保護センターへご連絡ください。
また、調査のために録音した声を流している時がありますので、鳴き声を聞いた場合は周辺で調査が行われているかも合わせてご確認ください。


(かんとう)
ラベル:外来生物
posted by IWCC at 11:31| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする