2018年10月26日

秋の渡り鳥がやってきています(2018その2)

10月中旬からはサシバが渡ってきています。

保護センターの周囲でも鳴き声が聞こえたり、姿を見かけることがあります。


10月以降に保護センターで確認している渡り鳥
※9月の渡り鳥については、前回記事をご覧ください。

・アカモズ
・エゾビタキ
・ギンムクドリ
・サシバ
・チョウゲンボウ
・ベニバト


サシバ_170129_ホネラリサイクルセンター_DSCN7705(田口提供)クレジット有.JPG
サシバ(2017年撮影)



(田口)
posted by IWCC at 12:45| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

秋の渡り鳥がやってきています(2018)

9月に入り、秋の渡り鳥達が島にやってきています。

保護センターで確認している渡り鳥(50音順)

・アオアシシギ
・アカガシラサギ(冬羽)
・アマサギ(冬羽)
・キセキレイ
・クロツラヘラサギ
・セイタカシギ
・チュウシャクシギ
・ツメナガセキレイ
・ホオジロ類
・ムナグロ(換羽中)


160831キセキレイ美原農地DSCN5467.JPG
キセキレイ

セイタカシギ2.jpg
セイタカシギ

当センターではイリオモテヤマネコ以外の動植物の情報も集めています。

ぜひ目撃情報や開花情報をお寄せください。


(田口)
ラベル:渡り鳥 野鳥
posted by IWCC at 12:30| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

外来トカゲの目撃情報求む!!

みなさん こんにちは。

 先日のことですが、西表には生息していないトカゲを目撃したとの情報が保護センターに入りました。聞き取りからオーストラリアに生息しているフトアゴヒゲトカゲに似ているようです。おそらくは、ペットの逸出であると考えられますが大型個体は小さなトカゲも食べるため在来種のトカゲ類へも影響があります。

 本個体の捕獲を検討していますので、目撃された方は西表野生生物保護センターまでご連絡ください。センターのメールアドレスへ写真を送って頂くと識別が早くなります。よろしくお願いいたします。

(かんとう)

目撃された個体の特徴
 ・頭から尾までの大きさ30cm
 ・幅10cm
 ・枯葉色
 ・ゴツゴツ(トゲトゲ)している

※西表島には同程度の体長で在来種にキシノウエトカゲがいますが、目撃者からもキシノウエトカゲではないとご連絡いただいています。

図1.jpg
posted by IWCC at 15:39| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする