2017年04月11日

2017年もアカショウビンがやってきました!

4月になって西表島の各地でアカショウビンの声が聞こえ始めました。

今年は3月末頃から船浮や祖納などの島の西部で鳴き声が確認されていたようです。

先週末の4月8日には島東部にある保護センター(古見)でも声が聞こえました。

翌日9日は干立や大原で姿も目撃されています。

DSCN2999.JPG

これからどんどん目にする機会が増えてくると思います。

仕事の行き帰りに見ることも多いので、通勤時間が楽しみな季節になってきました。

ただアカショウビンは道路に飛び出てくることがあります

交通事故に遭って保護センターに収容される個体も少なくありません。

生きものが活発になる季節を迎えますので、あらためて島での車の運転にはご注意ください。


(田口)



posted by IWCC at 12:54| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

ヤエヤマムラサキの季節外れの産卵

翌日には師走になろうかという日に産卵しているチョウに出会いました。

ヤエヤマムラサキは毎年見かけますが、卵を見たのは初めてでした。

161130ヤエヤマムラサキ産卵ヨシケラDSCN6773.JPG

161130ヤエヤマムラサキ産卵DSCN6780.JPG

調べたところによると、このチョウは数百個の卵を一度に産むのだそうです。

そして産卵後は卵を守るように産卵場所にとどまるといいます。

この日のメスも写真を撮っている間も全くにげる素振りをみせませんでした。


161130ヤエヤマムラサキ産卵DSCN6779.JPG

(田口)
タグ:昆虫
posted by IWCC at 17:00| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り鳥の訪れ 2016⓶ヒシクイがやってきた

11月下旬頃からやっと冬らしい気温になっている西表です。

島の北東にある水田に珍しい渡り鳥がいるとの情報が入り、業務の帰り道に立ち寄ってみました。

そしたら、水田跡に大きな鳥が2羽。

ヒシクイでした!!

翌日にはいなくなってしまったらしいので出会えて運が良かったです。


DSCN6813.JPG

(田口)


タグ:野鳥 渡り鳥
posted by IWCC at 11:00| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする