2013年02月26日

地域の力で外来生物駆除【ボタンウキクサ・祖納】

2月16日、祖納にある農業用水路に繁茂しているボタンウキクサの駆除作業に参加しました。
ボタンウキクサは特定外来種に指定されているアフリカ原産の水草です。
去年は、環境省職員とパークボランティアにより作業が行われていましたが、今年から竹富町と地域の公民館が行っていくことになりました。
今回は、駆除の実施機関が移行して第1回目の作業ということで、環境省からは外来種の説明や、なぜボタンウキクサを駆除する必要があるのかを説明しに行きました。

まずは特定外来生物とは何か?の説明のあと、身近にある10種の植物のカードを外来種と在来種に分けてもらいました。

ukikusa_shiwake.jpg


【外来種と在来種を仕分け中】


外来種である植物は、みなさんが普段からよく見ているものばかりです。
外来種がどれほど多いかを感じてもらえたようでした。

現在の西表島では、道路ぎわや、草地になっているような場所の草本類は、外来種がとても多いです。
昔の西表島の集落風景の写真を見ると、道が舗装されていなかったり、牛車が通っていたり、家が茅葺き屋根だったり、人々の服装が違ったり・・・といったところに現代の生活との違いを感じますが、よくよく見てみると、道端に生えている草まで違うはずです。

これから祖納の皆さんが作業されていく用水路も、10年前くらいにはボタンウキクサは無かったといいます。
でも昔からの植物もあります。用水路で撮ったミズオオバコの写真を見せてもらうと、当日の参加者の中でも食べたことがあるとおっしゃる方々がたくさんいました。

mizuoobako.png


【ミズオオバコ】


昔からある生き物を大切に、地域の人達が自分たちの力で地域の原風景を取り戻していく。そんな作業を、西表島の中でも特に伝統行事が多く、地域の結束力が強い祖納という地域の皆さんが始められたということはこれからのお手本になっていくのではと期待しています。

地域の皆さんの熱心な作業により、半日の作業で目に見えるボタンウキクサはほとんど水揚げされました。

ukikusagyuujiru.png


【子供からおばあまで参加した作業(上)/ お昼の牛そば(下)】

最高においしかった作業後の牛そば。
みんなが作業している間に婦人会の方々が準備してくださいました。
水草を引き上げ汗を流す人、大きな鍋をかきまぜ汗を流す人、それぞれの分担があってこその駆除作業で、地域の団結力を感じました。

(浅利)
posted by IWCC at 18:04| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

月桃餅の花 開花!

gettou.JPG


竹富町の花に指定されている「ゲットウ」。
(なかなか知られていませんが、西表島は沖縄県八重山郡竹富町なのです)

月桃餅(ゲットウの葉で包んだ餅)を食べて初めて知った植物なのですが、
ゲットウは、民家や畑、山野に生えており、葉っぱの香りがよいため、
昔から、餅を包んだり、茎は民具の材料に使ったりして利用されていたようです。

花は真っ白く、ランの花のようで、きれいです。
餅を食べるだけで終わらず、花も見ることができました。

食べたり、民具や染め物など、身近に使われている植物はもっともっとたくさんあるので、
今後も探していきたいと思います。

(早川)
ラベル:
posted by IWCC at 16:45| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

8月の注目生きもの【ウミショウブ】

西表島ではウミショウブという植物が、夏の大潮に開花します。
その名の通り、海の中に生えている植物で、大潮の時の大きな潮の満ち引きを利用して受粉を行うとても不思議な植物です。

昼の干潮時、数mmの小さな雄花が雄株からたくさん出てきます。
小さな雄花たちは水面に到着すると、花弁がくるっと反り返って水面に立ち、海面を漂います。
そして潮が満ちてくると、雄花は雌花に吸い込まれるようにして中に入り、雌花は潮が満ちるのを利用して花弁を閉じます。

IMGP2939ss.jpg



干潮時、藻場のある砂浜の水面に白い粒々が浮いているのを見たら、それはウミショウブの雄花です。
雄花が水面で反り返る様子や、潮が満ちて、雌花が閉じる様子をぜひ観察してみてください。

IMGP2977ss.jpg




先日観察に行ったら、アイゴの群れがウミショウブの葉の表面をつついて餌を食べていました。
閉じた後の雌花の花弁は、潮が満ちてから短時間で小魚の餌となり、食べられて無くなってしまうそうです。
ウミショウブは、小さな生きものたちに隠れ家と食べものを供給しているようです。

IMGP2961ss.jpg



ウミショウブの一斉開花は、大潮が4日間あるうちの連続した2日間に見られます。
次の大潮は8月29日の新月前後です。
先日の大潮よりも潮が引くのでたくさん見られるかもしれません。

(浅利)
ラベル:
posted by IWCC at 11:37| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする