2016年07月13日

【ミニ講座】Oh!オオコウモリ

センターミニ講座

Oh!オオコウモリ」

のお知らせ。


東南アジアを中心に各地でオオコウモリを研究されてきた講師の本道さんに、 オオコウモリの生態やこれまでの研究成果をお話しいただく予定です。



160717ミニ講座チラシ.jpg

日時:717() 18:00 19:00


場所:西表野生生物保護センター 視聴覚室


講師:本道 栄一さん  (名古屋大学 農学部 資源生物科学科 教授)



集落そばでもギャアギャア騒いでいるオオコウモリですが、知らないことが多くないですか?

専門の先生がいらっしゃるので、この機会にオオコウモリについて勉強してはどうでしょう。


事前申込みは不要です。

直接、会場へお越しください。


問い合わせ:西表野生生物保護センター 0980-85-5581



(ひな)
続きを読む
posted by IWCC at 10:11| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

西表島の野鳥の傷病のはなしと羽毛を使った小物作り

2016年の愛鳥週間の企画として、ミニ講座

『西表島の野鳥の傷病のはなしと羽毛を使った小物作り』をおこないました。



5/13(金)18:45〜20:00と5/14(土)13:45〜15:00の2回開催し、それぞれ16名と5名の参加者が集まりました。


【開会の挨拶・趣旨説明】



【西表島の野鳥の傷病の話し】




前半は、西表野生生物保護センター(IWCC)で情報を集めている、西表島での野鳥の傷病についてお話しをしました。

野鳥の死体発見と救護は、1996年からこれまで2000件以上あり、その年変化や季節変化などを紹介しました。また、死亡・救護原因の多くが交通事故とガラス衝突で、IWCCで取り組む交通事故対策やガラス衝突対策について説明しました。



【材料】



【作業の様子】



後半は、残念ながら死んでしまった野鳥の羽を使って小物を作成しました。



体の位置ごとに羽毛の形状や模様が異なる。

鳥の体全体では鮮やかな色をしているけれども、羽毛の1枚1枚を見てみるとそうでもない・・・

体の表面に見えている部分は、羽毛のほんの一部だった!



なんてことが分かってもらえたと思います。


【作成した羽毛の瓶詰め】



このビンは治療に使った注射薬の入っていたを再利用したものです



【参加者からの感想発表】




大人も、子どもも、私も夢中になって作成していました。



とても楽しかったです。


(ひな)

posted by IWCC at 10:47| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

2016年、愛鳥週間企画

西表野生生物保護センター 2016年の愛鳥週間のイベントは

・ミニ講座

・特別展

です。



愛鳥週間チラシ.jpg
【チラシ】


・ミニ講座


『西表島の野鳥の傷病のはなしと羽毛を使った小物作り』


日時:5/13(金)18:4520:00

   5/14(土)13:4515:00 全2


場所:西表野生生物保護センター(IWCC) 視聴覚室


内容:IWCCで情報収集している西表島の傷病鳥の現状IWCCでの対策、傷病鳥を見つけた際の対処方法について紹介し、残念ながら命を落とした鳥の羽毛を用いた簡単な小物を作成します。


対象:小学生以上(小学校3年生以下は、保護者同伴)


定員:各回先着15名(事前申込みが必要、5/1016:00締め切り)



DSC_0295.JPG
【こんなの作ります Part1




DSC_0303.JPG
【こんなの作ります Part2


・特別展


IWCC蔵出し剥製展』

〜じつはこんな剥製もあります〜


展示期間:5/10(火)〜5/22(日)10:0016:00 ※月曜休館


内容: IWCCは野鳥の剥製の常設展示があり、季節毎によく見られる野鳥の剥製を入れ替えています。しかし、よく見られる野鳥以外の剥製もIWCCには収蔵されています。今回、普段はなかなか常設展示に出てこれない剥製たちを展示します。




DSC_0288.JPG
【珍剥製】
posted by IWCC at 17:41| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする