2017年10月31日

秋の渡り鳥 2017B


今日で10月も最後となり、西表でも朝晩が肌寒く感じるようになりました。

10月上旬から中旬にかけてはサシバの群れが島を渡っていきました。

例年のように島に残った個体も多いようで、保護センターの上空では毎日のように鳴き声を聞きます。

カモ類も渡ってきたようで水田や池などで目撃がされています。

山地では早くもシロハラを見かけました。


DSCN8535(クレジット有).JPG
川沿いの茂みにいたアオジ



西表野生生物保護センターで確認している秋の渡り鳥(10月31日現在)

・アオジ【NEW】

・アカモズ(9月以降、島内各所)

・アトリ【NEW】

・エゾセンニュウ(9月、死体回収)

・オオバン【NEW】

・オナガガモ【NEW】

・カイツブリ【NEW】

・キセキレイ(8月以降、島内各所)

・ギンムクドリ(9月)

・クロツラヘラサギ(10月にも情報)

・クロハラアジサシ(8月以降、10月は数減っている)

・コガモ【NEW】

・コホオアカ?(10月、死体回収)

・コムクドリ(9月)

・サシバ(10月以降、島内各所)

・シロハラ【NEW】

・ジョウビタキ【NEW】

・セイタカシギ(夏以降、10月は数減っている)

・チョウゲンボウ(9月以降、島内各所)

・ツメナガセキレイ(8月以降、島内各所)

・ヒメクロウミツバメ?【NEW】(救護)

・ムナグロ(9月確認)


(田口)


ラベル:渡り鳥 野鳥
posted by IWCC at 12:58| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする