2016年07月06日

サガリバナの開花

その名の通り、花が垂れ下がっているサガリバナ。

見た目だけでも珍しいのですが、夜に開花をして翌朝には川面に花が落ちてしまうという変わった生態をしています。

また、虫を誘うためにバニラにも似た甘い香りを放ちます。


6月下旬から7月下旬にかけては開花シーズンです。

時には9月頃にも花を見かけることもありますが、西表での開花のピークはやはり今の時期ではないかと思います。

日本では八重山地方をはじめとする沖縄、鹿児島県の奄美大島、徳之島で見ることができます。

DSCN3815(2).JPG

DSCN3817 (2).JPG
開花したサガリバナ(7月1日撮影)

DSCN3840(2).JPG
白いタイプのサガリバナ(7月1日撮影)


ただ夜の森は足元が見えにくいだけではなく、ハブなどの危険な生きものに出会う可能性もあります。

初めての方は島民のお知り合いやツアーガイドさんと一緒に行かれることをお勧めします。



「西表島の植物誌」 林野庁九州森林管理局より引用・抜粋

サガリバナ(サガリバナ科)

分布:鹿児島(奄美大島、徳之島)、沖縄、八重山諸島、中国南部、台湾

河川沿いや湿地に群落を作ることが多く、高さ約10m程度になる。
葉は長楕円形で長さ約30cm位になる。
花は白または淡い紅色で4枚、桃色をした雄しべが多数ついており、川面に落ちた姿は幻想的。
見は卵形でやや四角張り、長さ約5−6センチ。
落下した実は水に浮かぶようになっていて、流され着地し発芽する。


(田口)

posted by IWCC at 13:03| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする