2017年11月17日

海鳥の保護

みなさん こんにちは

西表島には近くに繁殖地があるため、台風や強い風など悪天候のあとにはミズナギドリなど海鳥の仲間が保護されます。
ミズナギドリの仲間は、地上から滑走して飛び立つことが難しくそのまま衰弱してしまうことが多いです。

IMG_5415.JPG
先日はオオミズナギドリが保護されました。

保護する場合は、足裏や水かきが負傷しないように箱へ入れてください。
タオルなど軟らかい素材を入れていただけるとベストです。

IMG_5418.JPG
羽ばたきをチェック

とくに外傷が見当たらず、翼も動くようでしたら波打ち際などで水面へ浮かべてみてください。
元気な個体はすぐに飛び立っていきます。

IMG_5417.JPG
波打ち際でも地面に置いてしまうとなかなか動きません。
水面に浮かべると下写真のようにすぐ飛び立ちます。

IMG_5419.JPG
飛ぶために水面を滑走する個体(11/15)

IMG_5422.JPG
3回ほど旋回して飛び立っていきました。

(かんとう)








posted by IWCC at 13:37| 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする