2016年01月15日

年末年始交通安全県民運動(2015年〜2016年)

1221日から14日まで年末年始交通安全県民運動が実施されていました。

「ヒトもヤマネコも交通安全」ということで、西表野生生物保護センターでも各所で安全運転の呼びかけに参加しました。


まずは、1214日〜1218日に古見小学校前で朝の注意喚起。

古見小学校の児童・先生、大原駐在の具志堅さんと一緒に。

北風に負けず朝から元気いっぱい!


【古見小前の様子】




1221日に大富共同売店前。

八重山地区交通安全協会西表島東部支部のみなさん、竹富町消防団大富分団のみなさん、大富婦人会の皆さん、大富集落の子どもたち、大原駐在の具志堅さんと一緒に。

夕方、売店に買い物に来るみなさんに注意を呼びかけました。


【大富共同売店前の様子】



【みんなで記念撮影】




1222日に浦内橋(昼間)と美原(夕方)で。

上原駐在の宮里さん、白浜駐在の仲間さん、大原駐在の具志堅さんと一緒に。



【浦内橋の様子】



【浦内橋の展望台から手を振るまーや】

冬のまーやはスタミナがあり、よく動きます。

冬になりイリオモテヤマネコも目撃情報が増えています。


島の命を大切に!






(ひな)



ラベル:交通事故
posted by IWCC at 14:17| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

2016年も生きものの飛び出しにご注意を!


明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始はヤマネコの事故なく過ごすことができました。
一方で今日7日までに、リュウキュウコノハズクの交通事故がセンターで確認しているだけで2件発生しています。

2羽とも翼を骨折する大けがを負ってしまいました。
1羽は治療のかいなく、残念ながら死亡してしまいました。
もう1羽は幸い元気ですが、骨がくっつて飛べるようになるには少なくとも1か月はかかりそうです。

冬の時期は日没が早くなるため、コノハズクやアオバズクの活動時間が夏場より早くなるようです。
そうすると通勤などの車の前に飛び出してくることも多くなります。

鳥たちは身体が小さいため飛出しにはなかなかきづきにくかもしれません。
万が一車に当たってしまっても軽症で済むように、島速度(40km)での安全運転をお願いいたします。

2016年が人にとっても、島の生きものにとっても良い年でありますように。
皆さんにもぜひご協力いただければ幸いです。

(田口)



posted by IWCC at 13:09| 傷病鳥獣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする